下敷きを使う、「3大いいところ」とは?

こんにちは。

 

 

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校です。

 

 

 

突然ですが、質問です。

 

 

 

 

小学生の皆さん、

 

 

中学生の皆さん、

 

 

高校生の皆さん、

 

 

勉強しているとき、

 

 

「下敷き」使っていますか??

 

 

 

 

私は常々思うのですが、

 

 

 

 

「ぜひ下敷きを使って文字を書いてほしい!!!」

 

 

 

私は小学生1年生から高校3年生まで、下敷きを使ってノートを取ることを徹底していました。

もはや、「下敷きがないとノート書けない!」ぐらいに思っていました。(笑)

 

 

 

 

下敷きをうっかり忘れてしまったときは、「まあ、仕方ないか」とあきらめず、

 

 

どうにか代わりになるものはないかと探して、クリアファイルをノートに挟んで代用するほどの徹底ぶりでした。

 

 

 

今でも、勉強する時や、お手本ノートを書くときも、必ず「下敷き」を使っています。

 

 

 

 

では、どうしてそこまでこだわっているのか。

下敷きを使うとどんなことがいいのか。

 

 

 

これから下敷きの「3大いいところ」について、詳しくお話ししていきます。

 

 

 

いいところ1:ノートの裏に跡がつかない

 

下敷きを使わずに、シャープペンで濃く・はっきりした文字を書くために、しっかりした筆圧で文字を書こうとすると、

 

ノートの裏側や、次のページにその跡がついてしまい、ノートがボコボコになるという事態が起きやすいのです。

 

そうなると、次のページ文字が書きにくなり、自分自身でも見にくくなってしまうと思うのです。

 

それを「下敷き1枚挟むだけ」で防げる!こんな素晴らしいことはありません。

 

 

いいところ2:文字が消しゴムで消えやすい

 

下敷きを使わずに文字を書くと、「いいところ1」でも書いたようにノートの紙にしっかり跡が残ってしまうんです。

 

そうなると、消しゴムで消えにくくなることに繋がるのです。

 

特に、HBやHなどのシャープペンの芯や鉛筆を使っている場合は、特に消えにくくなります。

 

 

しっかり消えていない上に、新しく文字を書くと、、

 

 

「ぐちゃぐちゃになって何が書いてあるかわからなーーーーい!」

 

 

というノートになりかねません。

 

 

それが「下敷き1枚挟むだけ」で防ぐことができるのです。とっても便利ですよね。

 

 

 

 

いいところ3:安定して文字が書ける

 

下敷きを挟むことによって、硬く・しっかりした面で文字を書くことができます。

 

特に、プラスチック製の下敷きであれば、より滑りやすさが増すので、速く文字を書くことにもつながります。

 

安定した状態で、速く書くことができる状態を作り出せるということも、下敷きのいいところです。

 

 

 

 

以上の3つが、下敷きの最大のいいところだと思います。

 

 

今や、学生の方のみならず、大人の方向けの下敷きも多く販売されているなど、下敷きはどの世代の方にも「文字を書くとき」には使っていただける文房具になっています。

 

 

小学生の皆さん、

 

 

中学生の皆さん、

 

 

高校生の皆さん、

 

 

「ぜひ下敷きを使ってノートを書いて!!」

 

 

声を大にして、伝えておきます。

 

 

ノートをきれいに書き、保管できるように。

 

そして、皆さん自身がノートを書きやすくなるように。

 

 

 

最大限「下敷き」を活用してくださいね。

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

●公立高校受験専門塾・大学受験

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校の無料体験授業・夏期講習のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

 

 

●個別指導さくら予備校の公式LINEはこちらから!

https://lin.ee/d81wkSF

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です