中学生の英語学習時のノートの書き方!

こんにちは。

 

 

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校です。

 

 

 

 

 

今日は火曜日なので、ノートの書き方についてお話していきます。

 

 

 

えっ??

 

 

火曜日だからノートの書き方??

 

 

 

いえ、特に理由はないのですが、おかげさまでブログの読者の方も増えていますし、

 

 

 

 

決まった曜日に、決まったカテゴリで記事を書いてみるのもいいかなと思いまして。

 

 

 

 

すぐに、変えるかもしれませんが笑

 

 

さて、

 

 

 

今回は、英語の教科書本文の学習をする時の、ノートの書き方のポイントを解説します。

 

 

 

早速ですがこちらのノートをご覧ください。

 

これは、英語の教科書本文と、その日本語訳を練習したノートになっています。

 

 

 

どうでしょう。

 

 

 

このノートを見た感想、、

 

 

 

僕は、思わず言ってしまいました。

 

 

QRコードか!!!!!

 

 

いえ、違うんです。

 

 

 

この時、コンタクトしていなくて。そう見えただけです。

 

 

 

ヘタなボケですんません。笑

 

 

 

話を戻そう。

 

 

 

ノートを広く使うのはもったいない!と、思って詰めて書く方もいると思うのですが、

 

 

 

もったいない。

 

 

 

この考えは、ものすごくいいことだと思います。

 

 

 

しかし、目的はノートを節約する事ではありませんからね。

 

 

 

詰めて書きすぎて、わかりにくいノートになってしまい、

 

 

 

「あれ、これなにを書いたノートだっけ。」と自分自身で思い出す時間ができてしまう方が、なんとももったいないと思うのです。

 

 

はい。

 

 

このノートのダメダメポイントは4つ。

 

①日付がない:いつ書いたものなのかがわからない!

 

②単元名がない:何を書いたものなのかがわからない!

 

③行間が空いていない:ぎっしり書きすぎてわかりにくい。

 

④1ページに英語も日本語も書いている:どの英文とどの日本語訳が対応しているのかがわかりにくい!

 

 

 

 

この書き方では、効果が出るものも出なくなってしまいます。

 

 

 

 

では、どのように書くべきか。

お手本の書き方のほんの一部をご紹介します。

 

先ほどのダメポイント4つを改善しました。

 

 

 

①日付を入れる

:いつ書いたものなのかがわかるように、左上にまずは日付を書くようにしましょう。

 

 

②教科書のページ・単元名を入れる

:教科書の何ページの本文なのか、unit番号やpart番号を書いてから内容に入っていきましょう。

 

 

③行間をあける

:必ず文と文の間は1行あけて書くようにしましょう。

 

 

④英文はノートの左ページ・日本語訳はノートの右ページに書く

:同じページに英文と日本語訳を書くのではなく、英文は左のページ・日本語訳は右のページに書き、英文と日本語訳が対になるように書くとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

以上の点に気を付けながら、英語のノートは書いていくといいと思います!

 

 

 

今年から難しくなった英語、まずはノートの書き方から整えていきましょう!

 

 

 

●公立高校受験専門塾・大学受験の個別指導さくら予備校

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校の無料体験授業・夏期講習のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

 

 

●個別指導さくら予備校の公式LINEはこちらから!

https://lin.ee/d81wkSF

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です