箱根駅伝にも小学生・中学生・高校生にも、一人一人に大きなドラマがある!

さて、今日も天気のいい日になりましたね。

変わらず気温は低いですが、今朝は何とも清々しかったです!

本日1月2日は、毎年この時期恒例の「東京箱根間往復大学駅伝競走」、通称「箱根駅伝」の往路がスタートする日ですね。

箱根駅伝は、学生長距離界最大の駅伝競走であり、1956年から続く歴史ある大会です。

往路は、東京から芦ノ湖までの107.5㎞を5つの区間に分けて、たすきを繋いでいきます。

毎年、各大学、選手一人一人に大きなドラマがあり、非常に熱い大会となっております。

多くの人の心を動かし、感動を呼び起こす、そんな大会を見ていて感じたことがあります。

一人一人に大きなドラマがあるのは、「箱根駅伝」の選手のみならず、勉強に励む小学生・中学生・高校生の皆さんも同じです。

それぞれが、たくさん悩み、考えながら勉強を進め、自己最高点の更新や志望校合格に向けて全力で突き進んでいく。

大変な状況でも、家族や友人の支えをもらいながら、超えていこうとする。

そんな小学生・中学生・高校生の皆さんの姿と重なりました。

本当に一人一人に大きなドラマがあり、努力を重ねてきた背景があるなと思います。

そんな皆さんを、これからも全力で、一人一人の目標を達成できるようにサポートしていきます。

まずは、目の前の学年末テスト、そして入試に向けて一緒に頑張っていきましょう!

●塾の休み期間中のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォームよりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です