さくら予備校公式サイト|愛知県公立高校受験専門塾

小学生 中学生 高校生

個別学習相談&体験授業!

  志望校判定システム

愛知県の公立高校・私立高校の志望校をスマホやPCから判定できるシステムです。このような判定システムは愛知県の塾ではさくら予備校が初めてです。

○ 評定と定期テストの点数から判定
○ 評定と過去問の点数から判定


10年以上蓄積されている、膨大なデータを使用し、君に最適な志望校を提案します。

さくら予備校の
サクラ咲ケブログ

さくら予備校生の
主な通学校

さくら予備校には
主に以下の学校の生徒が通っています。

  • 平子小学校
  • 相原小学校
  • 緑小学校
  • 鳴海小学校
  • 有松小学校
  • 大高北小学校

さくら予備校生の
主な志望校

さくら予備校では以下の高校・大学にターゲットを絞り、
徹底的に対策をすることで志望校合格を勝ち取ります。

  • 明和高校
  • 刈谷高校
  • 菊里高校
  • 向陽高校
  • 千種高校
  • 瑞陵高校
  • 桜台高校
  • 昭和高校
  • 天白高校
  • 熱田高校
  • 名古屋南高校
  • 熱田高校
  • 緑高校
  • 鳴海高校

無料体験授業・個別学習相談、
その他お問い合わせは
お気軽にご連絡ください。

さくら予備校が選ばれる理由

REASON.01

「内申点は合否に大きく影響」
他塾にはない徹底した内申対策を実現します

公立高校受験、学校選抜型受験は内申点が合否に大きく影響します。内申点アップのために鍵を握るのは、今までの知識・技能だけではなく、主体的に学習に取り組む態度や思考力・判断力・表現力と言った「非認知能力」も重要になります。さくら予備校では定期テスト対策はもちろん、徹底した内申対策をおこないます。

REASON.02

「部活や習い事との両立」
選べる時間帯と振替授業で支援します

さくら予備校では、一人一人の希望に合わせて授業時間帯を選べますので部活や習い事と塾での勉強との両立が無理なくできます。急な振替授業にも対応いたしますので、保護者様やお子様の予定に合わせた学習が可能となっています。

REASON.03

「勉強の意欲を高める」
学習計画と学習設計を個々に提案します

わからないまま先に進んでも学力は決して向上しません。もしわからない単元があれば、その原因を探し根本的に解決していきます。この根本的解決を素早くできることが、さくら予備校の特徴です。

REASON.04

「入退室をメールでお知らせ」
保護者様にはリアルタイムで通知が届きます

お子様が教室に入退室された時刻を、コンピューター管理で記録しています。さらに、その入退室情報を保護者様へリアルタイムでお知らせする「入退室メール配信サービス」を実施しています。

コースと料金

小学部(小4〜6)

学校の教科書内容ぴったりコース
80分×週1回

月額13,750円(税込)〜

  • 「学校の授業がわかる」を大切に
  • 国語は語彙力と読解力が身に付く
  • 算数は正確な計算力と思考力を養う
  • 英語は書けるよりもまずは読めること

中学部(中1〜3)

教科別通常コース
120分×週1回

月額18,000円(税込)〜

  • スパイラル型指導で演習と復習を徹底
  • 2週間の定期テスト対策特訓
  • 家庭学習のサポート
  • 休校時はオンライン対応

高校部(高1〜3)

教科別通常コース
90分×週1回

月額25,960円(税込)〜

  • 生徒ごとに明確な目標設定を実施
  • 高校生に必要な基礎学力が身に付く
  • 個別計画に基づく徹底指導
  • 指導・演習・管理で志望校合格を勝ち取る

無料体験授業・個別学習相談、
その他お問い合わせは
お気軽にご連絡ください。

よくある質問

体験授業はありますか?

合計90分✕3回受けられます。保護者の方と一緒に個別面談に来てもらいその後、体験授業へすすんでもらっています。個別面談の日程は調整しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

生徒・保護者の声を見てみる

入会基準はありますか?

入塾基準はありませんが、学年ごとに定員を設けておりますので、席が空いていなければ入塾をお断りする場合がございます。

まずは、個別面談にて定期テストの結果や通知表の内容を見ながらお話させていただいています。また体験授業でさくら予備校でならできそう!など試してみてほしいと思っています。

授業料以外にかかる費用はありますか?

教材費、確認テスト費、教室維持費を頂戴しております。確認テストは毎月おこないます。教材費は通常の授業で使用するテキスト、プリント、受験や定期テストに向けた教材の購入に充てています。教室維持費は設備費や修繕、備品の拡充費用に充てております。

費用に関するページはこちら