「ただの計算ミス」こそじっくり向き合おう!

さて、塾の授業は、次のテスト範囲になる部分の予習を終え、

ここから反復練習、そして思考力を問う問題へと進んでいきます。

計算問題を解いていて、間違えた問題があったとき、たまに生徒から出る言葉があります。

「ただの計算ミスでした!」

この言葉なんです。

ここで、「よし、じゃあもう一回解いてみよう」と、いきなり解き直しに入る前に、

①「どうしてその計算ミスが起きたのか」

②「同じミスをしないためにどうするか」

の二つを明確にしていくことが大切です!

例えば、移項するときに符号を変え忘れやすい、約分をし忘れやすい、約分した後のに数字をかけ忘れやすいなど、

ミスしやすいポイントは、計算に入る前にノートに大きく「移項した後符号確認する!」「約分してあるか確認する!」など書いてもらって意識づけをした上で問題に入っています。

ミスが起きた原因をしっかり探し、それを防ぐためにどうしていくかを、生徒一人一人がしっかり考えられるように、間違えた部分は細かく見ていきます。

そのために途中式を、はっきり細かく残し、確実にミスを減らしていけるようにしていきましょう!

「計算ミス」を「ただの計算ミス」で済まさず、じっくり向き合ってパワーアップしていきましょう!

●さくら予備校では、現在キャンペーンを実施中です!詳細につきましては、こちらの記事をぜひご覧ください!

↓↓↓↓↓↓

●オンライン学習管理もご好評につき継続中です!詳細はこちらから!

↓↓↓↓↓↓

●お問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です