ノートは詰めずに広く使うべし!

新学期もスタートし、学校のペースにも慣れてきた頃だと思います。

ですが、まだ日によって寒暖差があり、肌寒い日もあるので体調には気を付けていきたいところ。

さて、さくら予備校ではノートの書き方指導を行っています。

ノートの書き方について詳しくお話ししている記事もございますので、こちらをぜひご覧ください!

今日改めてお話ししたいのは、

「ノートは詰めて書かずに、広くべし!!」ということ。

たまに、ノートがもったいないからと行間を開けずに、問題をぎっしり詰めて書くという子がいます。

例えば、こういう書き方のノートです。

もちろん、もったいないという事を、意識する事はよいことだと思います。

しかし、何のためにノートを使って問題を解いているかということを考えてみると、

頭の中で考えて組み立てていることを、ノートを使って可視化して整理しながら解くためという事も

一つあるのです。

あと、ノートを使う意味で非常に大事な事があるのですが、それはまた、次回に。

ノートがぎっしりであったり、小さく詰めて書いたりしていると、うまく整理ができず、問題を解いていくプロセスが見えにくくなってしまいます。

リンク内の記事にもある通り、

・1問1問の間は必ず1行あけること

・計算問題であれば、=は横に続けず下に続けていくこと

・字は大きく・濃く・はっきりと書くこと

ということを意識して、問題を解くプロセスを整理していくために、広く大きくノートをつかうとよし!

参考用のノートも載せておきます!

後から見返したときに、「ここはこうやって解いたな」「ここのプロセスはミスしやすいから気を付けないとな」ということが一目でわかるのが自分にとってもいいノートです。

塾の方でも、思考力・情報整理力・発想力を上げていき、成績アップに繋げていくためにノートの書き方について一人一人確認し、丁寧に指導をしています。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください☺

ノートは広く大きく!

5冊セットで売っているものや10冊セットで売っているものもあるので是非ご活用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です