丸つけは、短く・細かく・丁寧に!

いいお天気から一週間がはじまるのは、何とも気持ちがいいですね。

今週も一週間、頑張っていきましょう!

さて、今日は問題を解いた後の丸つけについてお話ししたいと思います!

塾でワークやプリントの問題を解く前、塾生に、

「ここからここまで解いたら、一度丸つけをしよう!」と話しています。

「このページが全て終わったら」ではなく、

「(1)から(5)まで解けたら」のように、丸つけは細かく行ってもらっています!

後からまとめて丸つけた方が楽!という気持ちもあるとは思うのですが、

短いスパンで丸つけすることで、より、力がつくのではないかと思います!

具体的には、2つの理由があるんです。

自分のミスに早く気づくことができ、早めに対処できる!

→一通り問題を解いた後に丸つけすると、間違えた解き方のまま進んで行ってしまった場合に、また一から解き直していくのは大変ですよね。

それを防ぐためにも、適宜丸つけし、生徒とコミュニケーションをとって解き方を確認しながら進めています!

解く→間違いがあればその場で修正という流れを常に意識しています。

・解いた時の感触が残った状態で丸つけできる!

→時間が経つと、「これどうやってやったんだっけ?」と解いたプロセスを思い出す時間が必要になるのですが、細かく丸つけすると、

「ここはちょっと自信無かった部分だな、答えの解き方と比べてどうだろう」

「自分が解いた方法で合っていたのかな?」

「この問題、答えに自信あるけどどうだろう!」

などその問題に対する自分の感情や手応え、感触が残っているので、解き方が頭の中に残りやすいと思います!

こんな理由で、こまめに丸つけをしてもらっています!

一つ一つ確実に、そして丁寧に問題に取り組んでいきましょう!

さくら予備校では、現在キャンペーンを実施中です!詳細につきましては、こちらの記事をぜひご覧ください!

↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です