今日は七夕についてお話しします。

こんにちは。

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校です。

 

 

 

 

 

今日は、7月7日、七夕です。

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨 (´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

七夕は、中国古来の伝承がもとになっており、日本には奈良時代ごろから「宮中儀式」として伝わったようです。

 

 

 

 

そ、そんな昔から!

伝統ある行事の一つなんですね。

 

 

 

有名なのが織姫と彦星のお話ですよね。

 

「神様の娘である織女(織姫)は、機織りが上手で働き者の女性。神様は、同じく働き者で牛飼いの牽牛(彦星)と引き合わせました。二人はひと目で恋に落ち、結婚しましたが、結婚すると遊んでばかりで、働かなくなるという結果に。怒った神様は二人を天の川の両岸に引き離しましたが、織女が泣いて悲しんだため、年に1度、七夕の夜にだけ会うことを許すようになった。」

 

 

 

という内容は、どの国でも共通のお話だそうです。

 

 

ちなみにですが織姫星(織女星)はこと座のベガ、彦星(牽牛星)はわし座のアルタイルという星で、

小学校で習う「夏の大三角」のうちの2つの星なのです。

 

星の動きに関しては、中学3年生の理科で再び登場し、入試にもよく出ている単元です。その時にまた、お話ししますね。みんな星の話とか、宇宙の話は大好きなので。

 

 

以上です。って、、

 

 

 

それは、知っとるわ!!!!

 

 

という全国1億3000方人のさくら予備校ファンの皆様に

 

 

漢字のお話をしようかと思います。

 

 

そもそも、、

 

 

 

 

 

 

「七夕」という漢字

 

 

なんで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「たなばた」って読むねん!!!

 

 

それでは、解説しよう。

 

 

いきなり、結論ね。

 

 

いきなりステーキじゃなくてごめん。笑 あっそういうのいいですよね。

 

 

じゃ、いきますね。

 

 

 

中国の「七夕」(シチセキ)という行事と、日本古来の行事「棚機」(たなばた)が重なって、「七夕」(たなばた)と読むようになったんです。

 

 

そして、「七夕」(たなばた)は熟字訓の一つとなっているのです。

 

 

熟字訓とは、漢字2字以上の熟字全体に、日本語の訓を当てて読むことです。

 

 

つまり、ひとつひとつの漢字にその読み方はないが、2字以上の漢字ひとまとまりで「こう読む!」という読み方なのです。

 

 

例として、

「昨日」と書いて「さくじつ」と読む

「今日」と書いて「きょう」と読む

「梅雨」と書いて「つゆ」と読む

などがあげられます。

 

 

 

漢字はなんとも奥深いですね。

 

 

 

最後に、

 

 

七夕といえば、短冊に願いごとを書くというのが伝統的ですよね。

 

 

 

 

「テストの点がさらに上がりますように!」

「志望校に合格できますように!」

「一生懸命がんばってくれますように!」

 

 

 

そして

「生徒のみんな、保護者の皆さんが、元気で健康に笑顔で過ごせますように」

 

 

 

そんな、願い事をしながら今日も頑張っていきますね。

 

 

 

 

●公立高校受験専門塾・大学受験のさくら予備校

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校の無料体験授業・夏期講習のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

 

 

 

●個別指導さくら予備校の公式LINEはこちらから!

https://lin.ee/d81wkSF

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です