勉強の履歴であるノートを残しておくといい理由!

毎日、ひたすら勉強に励む生徒たち。

日々、新しいことを学習し、それを反復練習して自分の力にしていく。

そんなルーティンが一人一人出来上がってきたなと実感しております!

毎日の大量の勉強と比例して、ノートの冊数もどんどん増えてきたと思います。

そのノート、しっかりとっておく・残しておくといいと思います。

まずは何より、この期間にこんだけ勉強して着実に力をつけてきたんだという自信につながっていきます。

そして、自分がどういう風に問題を解いたか、どこをどう間違えたかという履歴として残ります。

「前と今を比較して、今はこんなにできるようになったし、この部分でのミスはなくなった!」

「いつからいつまでの期間で、何がどれだけできるようになったのか」

というのが目に見えてわかりますし、振り返りもしっかりできますよね^_^

自分がどういう風に考えてきたか、問題に対してどうアプローチしてきたかを知るためには、ノートを振り返るのが1番簡単かつ重要だと思います!

わたしも実際に、塾で問題を解いたノート・自習用のノートは取っておいて、振り返るときやテスト前に確認していました。

「自分はこういうところを間違えやすいから、ここには気をつけておこう。」

「こういう問題は、いきなりこのステップから始めるのはまずいんだったな」

など、今一度注意すべきポイントがよくわかります。

このような理由で、積み上げてきた勉強の成果は、しっかりと残しておくといいと思います^_^

本日のチェックテストも、塾生みんなばっちりです。

塾生たちの本気が、ひしひしと結果から伝わってきます。

その調子で、今週も頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です