塾向けの、私立高校の合同説明会に行ってきました!

左京山、鳴海、有松地区の皆様。

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

緑区の左京山駅近くの学習時塾個別指導さくら予備校の塾長です。

 

 

 

 

 

 

昨日は、朝から愛知県知事認可の私塾協同組合が主催する、私立学校合同説明会に行ってきました。

 

 

 

 

 

9時20分始まりで、会場に着いたら10時30分

 

 

 

 

 

完全に、やらかしました。( ´Д`)y━・~~

 

 

 

 

 

 

なぜ、そうなってしまったのかは、今度書きますね。

 

 

 

さて、

 

 

 

 

毎年、受験の情報や受験生の動向は目まぐるしく変わるもの。

 

 

 

 

 

 

去年までの情報だけで、進路指導をすることはできません。

 

 

 

 

 

 

常に最新の情報を入手し、それを頭に入れて、さらに情報を分析して生徒の進路指導をする。

 

 

 

 

 

これも、塾の先生の大事な仕事です。

 

 

 

 

 

 

今回、参加していた学校の一部をご紹介しますね。

 

 

愛知高校

愛知教育大学附属高校

愛知黎明高校

愛知工業大学名電高校

桜花学園

大成高校

清林館高校

享栄高校

至学館高校

杉山女学園

聖カピタニオ女子高校

星城高校

大同大学大同高校

中京大学附属中京高校

中部大学第一高校

東海学園高校

東海高校

東邦高校

同朋高校

豊田工業高等専門学校

名古屋高校

名古屋経済大学高蔵高校

名古屋国際高校

名古屋女子大学高校

名古屋大谷高校

日本福祉大学附属高校

N高校

 

 

です。

 

 

 

 

 

今回、各高校の担当の方からお話を聞いて感じたことがありました。

 

 

 

 

 

 

ほぼ、どの高校も共通点があったのです。

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

主体的な学びをしてほしい ♪( ´θ`)ノ

 

 

 

 

 

まさに、昨日、ブログで書いた自学にも通じる内容でした。

 

 

そして、個別でのお話など、色々なお話ができましたので、いくつかピックアップして紹介したいと思います。

 

 

 

① 中京大学附属中京高等学校

 

2023年に100周年を迎える中京。

 

 

もう、昔のやんちゃなイメージは全くありません。

 

 

 

100周年に向けて、グッズを作ったりいろいろな準備をしているそうです。

 

 

 

そして、担当の方は、何度も主体的な学びという言葉を使いお話しをしてくれたのが印象的でした。

 

 

 

先生と生徒の距離も非常に大切していて、昨年、勉強に悩んでいた生徒とZoomで面談をし、見守ることの

 

 

 

大切さをお話ししてくれました。その後、その生徒は名古屋大学の医学部に合格したそうです。

 

 

 

さて、僕が、中京の担当の方からのお話を聞いて、これは魅力的だなと思ったことをお話しします。

 

 

 

中京の一つの魅力としては、90%が中京大学に進学できること。なのですが、さらに

 

 

 

 中京大学の合格を確定させている状態で、他の大学を併願できるということ。

 

 

 

これは、魅力的 ♪( ´θ`)ノ

 

 

 

 

普通は、合格が確定していれば、その大学に必ずいきますということになるので、

 

 

 

 

併願ができるというのは非常に魅力的なシステムです。

 

 

 

さすがは、中京 ( ・∇・) さて、気になる中京高校の、受験時の内申の目安ですが、

 

 

 

 

中京は一般受験するなら、当日点勝負!

 

 

 

 

 

合格ラインや推薦時の内申などは塾にお尋ねください。

 

 

② 豊田工業高等学校専門学校

 

 

国立の高等専学校ですね。副校長で情報工学科の教授とお話しができました。

 

 

ちょっと待って、

 

 

 

そもそも、高等専門学校って何? d( ̄  ̄)

 

 

 

という人の為に、説明しますね

 

 

 

高等専門学校は、高等学校と同じく、中学校を卒業した方が入学することができます。

 

 

違いは、3年ではなく、入学後は5年一貫

 

 

 

そして、一般科目と専門科目をバランスよく配置した教育課程により、

 

 

 

技術者に必要な豊かな教養と体系的な専門知識を身につけることができます。

 

 

 

 

 

将来、技術者を目指したい!という方はぜひ!

 

 

 

 

 

副校長からの話で魅力的な学校だなと思ったのが、寮生活です。

 

 

 

 

家から近いのに、わざわざ寮に入る子も多いんだとか。( ・∇・)

 

 

 

 

その理由は、

 

 

 

 

上級生が下級生の面倒をきちんと見ることができるシステムが確立していること。

 

 

 

 

さらに、高専なので専門の研究やレポートなどがあるのですが、それを寮生同士学びあえること。

 

 

 

 

そして、先輩にも教えてもらえること。

 

 

 

 

大学並みの研究施設が揃い、しっかり学べる環境としては最高ですね、

 

 

 

 

そして、寮生だけで行うイベントも充実しているとか。

 

 

 

 

そして気になる、受験時の成績の目安ですが、豊田高専を志望する生徒は塾にお尋ねください。

 

 

③ 愛知教育大学附属高等学校

 

 

さて、愛教大です。附属高校の校長で大学院の特任教授とお話しができました。

 

 

 

 

塾生にも将来、学校の先生になりたいという中学生、高校生が結構いるんですよね。

 

 

 

 

校長にズバリ聞きました。

 

 

 

 

附属の高校から入学する最大のメリットってなんですか?(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

 

 

秒で返答がきました。

 

 

 

ズバリ

 

 

 

 

大学との授業の連携

 

 

 

 

 

大学の先生のゼミが受講できることは非常にメリットだと思います。

 

 

 

 

 

そして、愛教大SHEプロジェクト

 

 

 

 

 

30人の小クラス制で、人生を切り拓く 探究力を育む

 

 

 

 

 

 

 

校長は、この探究力という言葉を何度も言っていました。

 

 

 

 

 

多様性を理解し、周囲と協働して地域社会で活躍できる人材を育てる

 

 

 

 

 

大変、共感できる内容でした。

 

 

 

 

 

その他、色々なボランティアに参加できることも魅力ですね。

 

 

 

 

 

愛教大附属を考えている生徒は、ぜひ塾までお尋ねください。

 

 

 

 

 

 

さて、その他、紹介したい学校はまだまだあるのですが、またの機会に書いていこうかと。

 

 

 

 

 

もし、上記のリストにある高校で詳しく知りたい!

 

 

 

 

 

 

という場合は、ブログにコメントください。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせが多い学校などは、ブログで紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

それではお時間となりました。

 

 

 

 

また明日。

 

●無料体験の申し込みは、塾のホームページのお問い合わせフォームよりお願いします。

 

 

その他、LINE、お電話でも無料体験を受け付けています。

公式LINEはこちら!

↓↓↓↓

https://lin.ee/d81wkSF

 

 

●愛知県公立高校入試制度についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●中学校の内申点評価の観点についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●令和5年度からの愛知県公立高校入試制度の変更点はこちらから!

 

 

●愛知県公立高校のボーダーラインはこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です