字を「丁寧に」書くことは、どの教科でも忘れずに!

今日から9月がスタートしましたね!

10月に控える中間テストに向けて、勉強を積んでいく大切な期間になります。

今週、修学旅行がある中学校もあるので、体調をしっかり整え、体調を万全にしていきましょう!

さて、塾では、学校の小テストよりも前に、漢字テストを毎回実施しています。

採点を行う際、「とめ・はね・はらい」までしっかりチェックしております!

学校のテストで「とめ・はね・はらい」や、字の丁寧さ(読みにくい・判断しにくい字はないか)というところまでチェックされることを想定して、

塾生には、一字一字丁寧に書くことを伝えています。

字の丁寧さは、国語の評価だけではなく、どんな教科でも大切になってきます。

たくさん勉強した成果であるノートやワーク、学校の先生にしっかり評価してもらいたいですよね。

そこで、評価してくれる人の目線に立ち、

「読みたいな」「しっかり見たいな」と思うような、丁寧な字を書くことを心がけていくといいと思います。

「丁寧に」というのは「濃く・大きく・はっきりと」の3点セットのことを指します。

「字を丁寧に」書くことを心がけていくことは、学校の先生にもしっかり伝わり、成績評価にも繋がっていきます。

塾内の漢字のテストも、丁寧な字で書く子が増えてきました。

その意識をどんな教科でも忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です