学校の授業でも、身についたメモする習慣活かせます!

気温の高い日が続いていますね。

今日も1日の中で何回も「暑い…」と呟いてしまいました。笑

体調を崩さないよう、規則正しい生活リズムを心がけたいところです!

昨日、「勉強の軌跡であるノートは、しっかり保管して活用するといい」という話をさせていただきました!

今日は、ノートにまつわるお話をもう一つ。

来週から学校の授業が徐々にスタートし、板書を取る機会も増えてきます。

教科によってはノート提出を求められる場合もあるので、丁寧に・漏れなく板書することは、もちろん大切です。

それに加えてもう一つ重要なのが、

「先生が話した内容のメモ」をしておくことです!

授業内で出てきた語句の詳しい解説や、「これは実はこういうことなんだよ」という、その先生ならではの説明は、板書ではなく口頭で出てくる場合がよくあります。

そこにテスト勉強のポイントや、先生のテスト問題の傾向が隠れていることもあるので、

板書にはない、「先生が話した内容」を聞いてメモを残しておくといいと思います!

この休校期間中、自然とメモする習慣がついてきた皆さん。

その習慣、学校の授業でも大いに活かしていきましょう!

●学校のノートにメモする時におすすめの文房具もございますので、ぜひ活用してみてください😊

↓↓↓↓↓

こちら、コクヨの「ノートふせん」という商品です!

このふせんにメモをして、それを後からノートに貼り付けられるようになっています。

文房具大賞でも、ふせん部門上位に入る優れモノです!

ぜひご活用ください!

●そして、さくら予備校では現在キャンペーンを実施中です!詳細につきましては、こちらの記事をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です