宿題は、毎日計画的に取り組もう!

3月の塾の授業は、今日がラストでした。

そのため、塾生には休み中の宿題を一人一人に合わせて出しました!

宿題をやるときの注意として、一人一人にお話ししたのは、

・ギリギリになってやっつけで宿題をやるのではなく、毎日計画的に進めること

・間違えた計算問題などは、必ず解き直しまで取り組むこと

という大切な2点です。

ギリギリで一気にとにかく終わらせる!ではなく、

「一日あたりこのぐらいずつ進めていくといいよ」という進め方をしっかり相談し、時間を決めて毎日コツコツ進めてちょうど完了する量を出しています。

宿題は、これまでに勉強してきたこと・新しく習ったことを自分の中に定着させていくために取り組むものです。

自宅でも時間は意識しながら、時間内に解く練習も合わせて行うとより実践的な力がついていきます。

一問一問「これはこの公式を使うんだったな」「このパターンはこう解くんだったな」ということを確認しながら進めると、自分の力になります!

生活のリズム・勉強のペースを崩さずに、毎日コツコツ進めていくことが、自分の力になる近道です。

今のうちから、 計画的に取り組む習慣をつけていきましょう。

そして、その中で間違えていた部分は単純にもう一度解いてみるのではなく、

「どこで間違えたのか」「どうして間違えたのか」ということを確認し、足りない知識や忘れていた知識を頭に入れなおした上で、もう一度解いてみるというところまでやると効果的です。

この春休み、予習と復習のチャンスです!

新学期に向けて、宿題を活用してどんどん力をつけていきましょう!

●さくら予備校の無料体験授業・新学年準備講座のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です