小学生向けの方眼ノートの書き方をご紹介!~足し算の筆算編~

こんにちは。

 

 

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校です。

 

 

 

今日は、火曜日ということで、小学生の皆さんが算数の授業で使うことが多い、「方眼ノート」の書き方についてお話ししていきます!

 

 

 

まず、方眼ノートとは、このようなノートで、

 

 

 

5mmや、10mmのマスに沿って文字がや図を書くことができるのが特徴です。

 

 

 

こちらのノートをどのように使って書くといいかということについて、

足し算の筆算を例に出しながら解説していきます!

 

 

 

方眼ノートを使うときのポイントは、大きく分けて3点。

 

 

①1マスに1文字として書くこと!

 

②+や-の記号も、1マス使って書くこと!

 

③数字の書き始めは縦で揃えて書くこと!

 

 

このポイントを意識して書くと、見やすく、そしてわかりやすいノートになります。

 

 

このポイントを押さえて書いたのが、こちらのノートです。

 

 

 

このように、整えて式を書く練習には、最適だと思います。

 

 

 

小学生のうちから、ノートの書き方を意識して整えていくことは、中学生・高校生になっても重要なことなので、今のうちから定着させていくことをおススメします!

 

 

そして、わり算やかけ算の筆算編も、今後紹介していこうと思っておりますので、乞うご期待!

 

 

 

今日は、小学生の皆さん向けの方眼ノートの書き方をご紹介しました!

中学生の皆さま向けの方眼ノートの使い方についても、こちらの記事で紹介しているので、ぜひご覧ください!

 

 

 

それでは!

 

 

 

●公立高校受験専門塾・大学受験

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校の無料体験授業・夏期講習のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

 

 

●個別指導さくら予備校の公式LINEはこちらから!

https://lin.ee/d81wkSF

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です