文字を「大きく・濃く・はっきり」書くとこんないいことがある!

こんにちは。

 

 

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校の佐藤です。

 

 

 

9月も終盤戦に差し掛かり、定期テストも近づいてきましたね。

 

 

 

テスト前になり、生徒たちのワークやノートをチェックしている中で、やはり大事だなと思うのは、

 

 

 

字を濃く・はっきりと書くこと

 

 

 

です。

 

 

 

これ、本当に大切なことなのです。

 

 

 

たまに見かけるのが、

・小さい字で細かく書いているパターン

・字は大きいけど薄く書いているパターン

この2パターンです。

 

 

 

計算や語句が正しく書けてればいいじゃん!!

自分が分かればいいじゃん!!

 

 

 

という声もありそうですが、

濃く・はっきりと書くことによってこんないいことがあるのです。

 

 

 

●いいこと:計算・考えの過程が一目でわかり、頭に残りやすい

字を濃くはっきり書くことによって、計算の過程や自分の考えた道順が、一目でわかるのです。

字が小さかったり薄かったりすると、間違えた時に「どこで間違えたのだろう」ということを目を凝らしてみていく必要がありますよね。

 

しかし、字を大きく・はっきり・濃く書くと間違いのポイントをパッと見つけ、素早く改善に繋げることができます。

 

 

そして、内容が入ってきやすく、頭にも残りやすくなるのです。

 

 

 

実際に、

①「薄く小さい文字」で書いたノートと

②「濃くはっきり大きい文字」で書いたノート

をご用意しました。

 

 

見比べてみましょう!

 

 

 

①「薄く小さい文字」で書いたノート

 

 

②「濃くはっきり大きい文字」で書いたノート

 

 

一目瞭然!!

 

 

内容が入ってきやすく、頭に残りやすいのは②のノートですよね。

 

 

 

同じ内容でも、字を大きくはっきり書くことによって、

自分自身でも見やすく、見直しがしやすく、そして内容も頭に残りやすいのです。

 

 

 

今日は、字は大きく・濃く・はっきり書くことの大切さについて、例を上げながらご紹介しました。

 

 

 

テスト勉強の時も、ぜひこちらを意識しながら、頑張っていきましょう!

 

 

それでは!

 

●無料体験の申し込みは、塾のホームページのお問い合わせフォームよりお願いします。

 

 

その他、LINE、お電話でも無料体験を受け付けています。

公式LINEはこちら!

↓↓↓↓

https://lin.ee/d81wkSF

 

 

●愛知県公立高校入試制度についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●中学校の内申点評価の観点についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●令和5年度からの愛知県公立高校入試制度の変更点はこちらから!

 

 

●愛知県公立高校のボーダーラインはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です