期末テストに向けて強力な武器をゲット!

こんにちは、塾長です。

今日もいい天気です。しかも、午前9時の時点で外は結構な暑さです。

道を歩いていたりして、かき氷の旗を発見してしまうと、思わず食べたくなりますよね。

でも、あの頭がキーーーーーーンとなる事を考えると。。

少し、いや、だいぶ、話がそれますが、

あの、アイスを食べて頭がキーーンってなるやつ

あの症状は、医学的に正式名称があるんです。

その名称は、

「アイスクリーム頭痛」

そのまんまやないか!!!!

ってなりますよね。笑

その原因は、2つあると考えられていて、

1.冷たいものを食べて喉元が冷やされたときに、体が体温を維持しようと血流量を増やすために血管が広がって頭痛を引き起こす。

2.冷たいものを食べると喉の三叉神経(顔の知覚をつかさどる神経)が刺激され、冷たすぎると三叉神経が冷たさと痛さを混同し、痛みとして脳に伝達され、頭痛を感じる。

という事です。

解決策は、、

ゆっくりと食べるようにする。

それは、わかっとるわ!!!!!!笑

つい、ガッっといってしまって、こめかみを押さえながら、またやってしまったーーーというのが、アイスクリームあるあるですよね。

みんさんも、気をつけましょう。

さあ、じゃ、今日はこの辺でって、タイトルの事に一切触れずにかい!!!

と怒られそうなので、それでは、本題です。

塾では、テスト2~3週間前になれば、国語、社会、理科、数学、英語などのテスト勉強用の自習プリントも用意して、テストに備えていきます。

期末テストまで、1ヶ月を切っているので、その自習プリントを用意しているのですが悩ましいことがあるのです。

まさに、それは頭の痛いことなんです。

アイスクリームは食べてないですからね笑

例えば、英単語のテストやその他教科の一問一答方式は、同じ問題を何回も練習すると、

答え自体を覚えてしまっているんじゃないか説

が、かなり有力です。

これでは、勉強になりませんよね?

反復練習は必要な事なのでやらないといけない事ですが、

ただ、答えを覚えることに、何の意味もありません。

塾では、それを防ぐために、

ランダムで出題、且つ、その子、その子に合わせたプリント出す!

ということを、やっています。しかし、これは準備に結構な時間がかかるんですよ。

じゃ、それは、流行りのAI教材で解決できるんじゃないの?

できるところ、できないところをコンピューターで分析して、苦手なところだけ出題!

はい!解決!と思いますよね。

しかし、私も色々研究しましたが、

現状ではまだ、コンピュータだけではわからない事があるんですよ。

そこで、色々試行錯誤した結果、クオリティは今以上で、

準備時間をかなり短縮できる武器を手に入れたのです

詳細はブログでは書けませんが、

今後、より一層、生徒の成績アップの為に強力なツールを手に入れたという事は間違いありません!

えっ?ただ、作成時間が短くなっただけですよね??

と思われるかもしれませんが、もちろんそれだけではありません!

今日は、自習用プリントについてのお話をさせていただきました。

これからも、生徒の成績アップの為に、日々、研鑽していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です