来週は、中3生最後の全県模試です!

本日は、中3冬期講習の一斉授業を行いました。

学年末テストに向けた問題の解説・演習を行い、問題の考え方や思考の手順についてみっちり授業を行いました!

学年末テストは、範囲が広く量も多いため、入試問題クラスの演習をこなしていく必要があります。

早めに冬休みの課題を進め、内容をしっかり頭に入れていき、入試問題演習に入っていきましょう!

さて、今年最後には、全県模試が待っています。

中3生は、これが最後の全県模試となり、この結果に応じて志望校を最終決定していきます。

全県模試は、模試ならではの独特の雰囲気があり、範囲も広いものとなっています。

模試を受けるときは、今の・現段階での皆さんの実力を発揮してほしいのです。

合格のパーセンテージよりも、

どの教科の、どの単元が、現段階でどのぐらいできているのかという部分を正確に判断し、一人一人の志望校に合わせて、合格ラインに乗せていくためのメニューを組んでいきます。

一人一人志望校も異なれば、どの教科でどれくらいの点数を取るかというバランスも異なるので、この最後の模試で正確にそれを判断していかなければなりません。

なので、勘で書いたもの・自信がなかったものには、問題用紙に印をつけておいたり、メモ書きを残しておくといいと思います。

印やメモを残しておけば、後から振り返る際や、自習の時にどの部分をやるべきかを自分自身でも正確に把握できると思うので、ぜひ実践してください!

そして、まずは解ける問題から、焦らず落ち着いて取り組むのも鉄則ですからね!

こちらもお忘れなく☺

今のそのままの実力を存分に発揮して、最後の全県模試に取り組んでくださいね☺

●さくら予備校の無料体験授業・冬期講習のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です