漢字練習帳は、「正しく・確実に」覚えるために活用しよう!

さて、中学校ではテストの際に、各教科のワークやノートを学校に提出していますが、その中のひとつに漢字練習ノートがあります。

漢字を書いたページ数に応じて評価がもらえるというもので、みんなテスト範囲の漢字を何回もそのノートに練習しています。

この漢字練習帳を活用して、別の教科の語句を練習している子もいるのですが、ここで気をつけたいことがあるんです。

それは、「ただページを埋めるためだけに書く作業になっていないかどうか」ということです。

とにかくページ数を増やすために、とりあえず語句を書いてみたりちょっと長めの語句を選んで何回も書いてみたりしたくなりがちですよね。

これまでにインプットしてきたことを、速く正確にアウトプットするために、ノートを活用したり、社会の教科書の穴埋め問題の答えをしっかり一問一問考えながら書いたりするのはいいと思います。

そして、もうひとつポイントとして、「漢字を間違えたまま覚えていないかどうか確認する」ことです。

塾内での漢字テストでも、解答用紙を返却した際に、

「あ!これ間違えて覚えてた。」

という声がたまに聞こえてきます。

間違えたまま何回も繰り返し練習すると、それが身についてしまいテストでもミスに繋がってしまいます。

漢字練習帳に書く前に、今一度確認し、「正しく覚える」ために活用できるといいですね!

テストでのミスを確実に防げるように、練習から丁寧に確実に取り組んでいきましょう!

正しい漢字を覚えるため、そして語句の意味や内容をセットで覚えていくために漢字練習帳をうまく活用していきましょう!

●体験授業等のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です