自分をレベルアップさせるためには、しっかり解き直しをすべし!

塾生の皆さんに出している課題も、そろそろ終盤に差し掛かってきた頃ではないでしょうか。

数々の計算演習、しっかりと取り組んでくれていることでしょう!

だいぶ解き方も理解して、計算スピードも上がってきて、正答率も上がってきたと思います。練習の賜物ですね。

そこで出てきた間違えた問題を、「正しい答えを赤ペンで書いて終わっている」なんてこと、ないですよね?

今日は、「間違えた問題の解き直しこそ重要だ!」というお話です。

間違えた問題、そこには学生のみなさんをさらにパワーアップさせるための情報が詰まっています。

では、どうやって解き直しをするかですよね!

①どの部分で間違えたかチェック!

まずは、自分が書いた途中式と解説に載っている途中式を見比べます。そこで自分は、どの部分を間違えているのかをチェックするんです。

例えば、計算問題だったら、

このように、まずここの部分が違うというポイントを発見することです。

発見できたら次のステップです!

②問題を解くのに足りなかった知識をチェック!

間違えている箇所を発見したら、次は「どうしてそれが起こったのか」を確認します。

なぜこれが起こったかという原因がわかれば、そこに対する対処・改善ができるので、次から確実にそのミスを防ぐことができますよね!

先ほどの問題であれば、

このような感じで確認をします!

どうして間違えたのかをチェックして、知らなかった・足りなかった・忘れていた知識をここで改めて確認します。

この問題で必要な知識を確認した上で、いよいよもう一度問題を解くステップに入ります!

このように、しっかりと間違えたの原因をチェックし、足りなかった知識を入れ直した上で解き直すことがとても大切です。

「どこが間違ったかよくわかんないから、とりあえず問題解き直してみるか〜」はキケンです!

次に同じ間違いをしていても、気付かずにまた繰り返すことに繋がってしまいます。

せっかく間違えた、改善するチャンスがあるなら最大限活用しないともったいないですよね^_^

数学に限らず、別の教科でも同じです!

間違えた問題こそ、徹底的に向き合ってどんどんパワーアップしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です