英単語は、正しく読みながら速く書いて覚えよう!

さて、塾では新学期に向けて「英単語テスト」を授業の初めに行っています!

新しい学年の教科書のunit0・unit1はすでに2週目に突入し、スピードと正確性が上がってきています。

春から教科書が変わります。

これまで中学3年間で習う単語数は1200語でしたが、今年度から1600~1800語に増えるんです。

英単語は、英語を勉強する上での基本であり、入試でも単語力が非常に重要になってきます!

そのため、この春休みを活用して、単語を正確に覚えてもらっています。

単語を覚える時、まず確認したいのは「正しく読めるかどうか」です。

単語が正しく読めていなかったり、読み方がわからないまま何度も書いて練習しても、すぐに忘れてしまう・何度かいても頭に入らないということが起きてしまいます。

正しく読めてこそ、正しく書ける・正しく頭に残るものなのです。

塾の方でも、単語一つ一つを塾生に読んでもらい、読み方のテストも合わせて行っています。

アクセントの位置もしっかり確認し、長いスペルの単語は特に注意してテストしています。

読み方を覚えた後は、「読みながら・速く」書いて覚えていくステップに入ります。

「読みながら速く書く」ことについては、こちらの記事で詳しくお話しているので、ぜひご覧ください!

新出単語を知らない状態で教科書の内容に入っていくのと、英単語がすでに頭に入った状態で教科書を読むのでは、大きな差があります。

単語が分かれば、内容もつかみやすくなり、教科書本文の暗記もしやすくなります!

この春休み、英単語を覚えるチャンスです!

①正しい読み方の確認

②読みながら速く書く

というステップで、新学期に向けて、今のうちからコツコツと単語のストックを増やしていきましょう!

●さくら予備校の無料体験授業・新学年準備講座のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です