見ているだけ?極意は覚えながら書くです!

こんにちは。

 

 

緑区の個別指導さくら予備校の塾長です。

 

 

 

さて、今回はいわゆる、

 

 

暗記

 

 

について、短めですが、書いていこうと思います。

 

 

 

先日、図書館へ行ってきたのですが、

 

 

学生が一生懸命?に勉強している姿も、そこにはありました。

 

 

 

ん???

 

 

 

気になりましたか?

 

 

 

 

気になりませんでしたか?

 

 

 

学生が一生懸命?

 

 

 

少し、厳しめに書きますが、教科書なり参考書なり、ただ、見ているだけの学生が多いな〜と思いました。

読んでいるのではなく、ただ、見ているだけ。

(ちゃんとやっている学生もいますよ。少数ですが、、)

 

 

 

そんなこと、わかんないじゃん!!!!

 

 

 

ってツッコミがきそうですが、

 

 

 

わかるのです。

 

 

 

残念。プロの目はごまかせないのです。( T_T)\(^-^ )

 

 

ちょっと、厳しく言いました。

 

 

さて、漢字なり、英語の単語なり、社会や理科の語句など、覚えていなければ、始まらないことも勉強の中ではあるのですが、

 

 

 

それを、どうやって覚えるか??

 

 

 

そんなの、人によって覚え方はちゃうで!!!

 

 

っていう人もいるかもしれませんが、まー聞いて下さい。

 

 

 

おすすめは、

 

 

 

 

覚えながら書く!!

 

 

 

です。

 

 

 

学生でよくあるプロセスは

 

① まずはノートに書く(まとめる)

②  マーカでノートをカラフルにする

③  まとめたノートを、満足そうに見る

④  ノートを閉じる

 

なんで閉じるねん!!!!

 

 

もしくは、

 

① 教科書にマーカで色をつける

※パラパラ漫画を少し書いてみる←落書きのことです

②  カラフルになった教科書を見る

③  教科書を閉じる

 

また、閉じるんかい!!!!

 

 

ごめんなさい。2回も激しくツッコんでしまいました。

 

 

さて、

 

 

 

ノートにまとめて、まとめたものを覚えていくって、プロセスが一つ多くなるんですよね。

じゃ、まとめながら書いて覚えようぜ!!

です。

 

 

 

 

教科書に、さらにマーカで線を引いて、そこだけを覚える。

そもそも、教科書は、すでにまとまっているものなので、そこから、さらにまとめてどうするのか。

それならば、教科書を覚えたほうが良いです。

 

 

 

 

 

実は、成績上位者は、教科書の内容がほぼほぼ頭に入っています。

テストで点数が取れていない場合は、教科書の内容が頭に入っていない場合がほとんどです。

 

 

 

 

おすすめは、

 

 

 

①  教科書を読む ← 見るじゃなくて読むね。音読がおすすめです。

②  覚えながら書く ← また詳しく書きますね。

③  テストをする

 

 

これが、良いかと思います。しかも、覚えるまで繰り返す。

 

この夏休みに、頑張って、

 

 

覚えなきゃ始まらないものは、しっかりと覚えていきましょう!

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

●公立高校受験専門塾・大学受験

名古屋市緑区の個別指導さくら予備校の無料体験授業・夏期講習のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

 

 

●個別指導さくら予備校の公式LINEはこちらから!

https://lin.ee/d81wkSF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です