課題に取り組む時、ぜひ実践してほしいこと!

さて、今月27日から31日まで、年間予定で決まっている塾の春休みに入ります!

塾生たちには休み中の課題が(かなり)出ております。

塾で受講している英語と数学はもちろん、新学年一発目の中間テストに向けて社会や国語も課題に取り組んでもらいます!

うんうん、大変有意義な休みになりそうですね。

課題をやるにあたって、みなさんノートをたくさん使うと思います。

ここで一つ、みなさんに一言。

「ノートは必ず教科別、用途別に分けること!」

これは勉強をやる上で、とても重要だと考えています。

「ノートなんて、書ければどんな風でもいいじゃん〜。色々分けたら分かりにくいし、もったいない感じするし。」

と、おもいきや。そんなことないんです!

教科別に分けておけば、このノートにはこの教科がやってあるな。と一目で分かるんです。さらに用途別(授業用、宿題用)に分けてあればさらにわかりやすいんです。

・このノートには数学の宿題をやる

・このノートは塾の授業の時に使う

という風に分けておくことを強くオススメします!

そして、ノートがもったいないと思わないぐらいたくさん問題を解けばいいんです^_^

間違えた問題をしっかり解き直しして、解説をまとめておけば、全然使わないノートが誕生する心配もありません。

なので、安心してノートを分けてもらって大丈夫です!

以前にも、ノート分けようぜ〜!という話をしたのですが、実際にしっかり分けている子が塾生でもたくさんみられるようになってきました。

そして、「分けた方が自分もわかりやすいし、先生にも見せやすいよ。」という声も聞かれました。

ノート分けの良さがわかってきたようですね!

問題を解く時も、後から見返す時も、先生に見せる時も、どんな場面でもノートを分けておいて損はありません。

むしろ得なことがいっぱいです^_^

課題に取り組むときは、ノートを分けて、解き直しまでしっかりして一つずつ確実に進んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です