間違えた問題こそ、成長の鍵を握っている!

さて、テストが近づいてきました。

塾でも問題演習を中心に、日々パワーアップしています。

自宅でも、学校のワークや塾のプリントを活用して、様々な問題に取り組んでいますが、

ワークの2周目・3周目を行う場合は、過去に間違えていた問題にスポットをあて、バツだったところを丸にしていく練習をする必要があります!

自宅で勉強する際や自習のとき、ついついできる問題をやりたくなってしまい、「できるできる!」という感覚を味わいたくなるんですよね。

1回目に解く際に、迷った問題や間違えていた問題、勘で当たってしまった問題には印をつけておき、

その問題たちをいかにできるようにし、テストで解けるようにしていくかが重要です。

わからない問題は解説を読んで理解していき、自習の時に質問してくれても全然いいです。

わからない問題と真剣に向き合うのは、しんどいことかもしれません。

しかし、「ここさえ突破すれば、さらにパワーアップできるんだ。」というふうに捉え、残りの期間も頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です