1問1問、丁寧に!

さて、新学期に向けて塾では「ノート指導」を強化していますが、

特に「途中式」について、塾生に向けてお話しする機会が多いです。

「途中式は丁寧に書いて、必ず残しておくこと」を徹底しています。

途中式は、どのように答えを導き出したかがわかる、大切な履歴です。

「途中式さえ書いていれば、できたのに」というもったいない事態が起きないようにしたいですよね。

テストで計算ミスによって点数を落とすことを防ぐためには、途中式が必要なのです。

答えがあっていた場合でも、

・最短経路で答えにたどり着けているか

・答えは出たけど間違った解き方になっていないか

ということを確認して、理解した上で解けるようにしていくことが大切です。

たまたま答えがあっていた!ではなく、確実に正しい手順で答えにたどり着けるように、途中式を残しておくのです!

また、答えが間違っていた場合でも、

・どの部分が間違っていたのか(符号を変えていなかった、約分をしていなかったなど)

・ミスを防ぐために、次からどこに気を付ければいいのか

ということを、途中式をもとに確認していく時間が大切です。

塾でも、一人一人に「どこが間違っていたか」ということを答えてもらい、ここを気を付けようというポイントをしっかり確認した上で、解き直しを行ってもらっています。

中学生の皆さんは、新しい学年での数学は、まず計算問題からスタートします!

テストで確実に点数を取っていくために、1問1問丁寧に取り組むことが大切です。

途中式をしっかりと書いて、ミスを防いでいきましょう!

●さくら予備校の無料体験授業・新学年準備講座のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です