1回目の点検前に、学校ワークの正しい進め方のおさらい!

左京山、鳴海、有松地区の皆様。

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

緑区の左京山駅近くの学習塾個別指導さくら予備校の佐藤です。

 

 

 

 

昨日の雨から一転、今日はとてもいいお天気ですね〜!

冬が近づいているので、引き続き体調には気をつけていきましょう。

 

 

 

 

 

さて、早くも来週に期末テスト前1回目の学校ワーク点検を実施します。

 

 

 

 

前回同様、5教科の学校のワークを対象にチェックを行い、

塾長による鬼の点検が入ります。

 

 

 

 

 

ということで、学校のワークの正しい進め方と、提出前の確認ポイントをおさらいしておきます。

 

 

 

 

 

提出前の確認ポイントは、学校にワークやノートを提出する際にも大事なことなので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

 

●学校ワークの正しい進め方

 

 

●提出前の確認ポイント

 

①指定の範囲の中で解き忘れて空欄になっている問題はないか

:「後から解こう」と飛ばした問題がそのままになっていないかなど、1ページ1ページ、しっかり漏れがないかチェックしましょう。

 

 

 

②丸付けを忘れている問題はないか

:丸付けは、1問につき1マルがおすすめです。大きいマル1つでおわらることのないようにも注意しましょう。

そして、マルがついてない問題がないかも丁寧に確認しましょう。

 

 

 

③計算問題で、ただ赤で答えだけを書いている問題はないか

(正しい途中式が書いてない問題がないか)

:間違いがあるときは、解き方の手順を知り、自分の式と比較するためにも、必ず赤ペンで正しい途中式も書くようにしましょう。

 

 

 

④丸付けミスはないか

(答えが間違っているのに丸がついているなど)

:1問1問、答えと照らし合わせて、計算問題は特に符号。語句問題は漢字間違いがないか。英語はスペルミスやピリオド忘れがないかなど、細かく確認しながら丸付けしましょう。

 

 

 

 

そして、教科書や解説をみて解いた問題があるときは、しっかり解き直しができるように、

 

 

 

 

 

「色を変えて丸付け」「付箋を貼る」「ペンで印をつけておく」などの工夫をしておくといいでしょう。

 

 

 

 

2学期期末テストまで、残り約1ヶ月です。

 

 

 

 

テストに向けて、学校ワークも仕上げていきましょう!

 

 

 

 

それでは!

 

●無料体験の申し込みは、塾のホームページのお問い合わせフォームよりお願いします。

 

 

その他、LINE、お電話でも無料体験を受け付けています。

公式LINEはこちら!

↓↓↓↓

https://lin.ee/d81wkSF

 

 

●愛知県公立高校入試制度についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●中学校の内申点評価の観点についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●令和5年度からの愛知県公立高校入試制度の変更点はこちらから!

 

 

●愛知県公立高校のボーダーラインはこちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です