2021年度 愛知県公立高校入試 B日程 出題予想!

受験生の皆さん、A日程の入試お疲れさまでした!

A日程は塾生に伝えていた、出題予想の個所は、おおむね出題されました。

さて、

今年は、基礎・基本を重視していくとのことだったのですが、実際、難易度的にはどうだったでしょうか。

結論から言えば、教科別に問題を解いてみたところ、各教科とも問題形式としては大きな変化は見られませんでした。 細かい教科別のポイントは、後日に記述する予定ですが、まずは、昨年までの比較とB日程の予想をしていきたいと思います!


国語 例年並み 

数学 やや易化 

社会 例年並み 

理科 易化   

英語 例年並みかやや難化 

全体としては、例年並みと言えると思います。特に理科が易化しており、

理科は毎年、難易度が高めなのですが今年度は基礎的な問題も結構あり、平均点は上がると思われます。各教科の総評は後日記載します。

そして、ここからは、B日程の予想をしていきます。

<国語> 

A日程では古典が出題されたのでB日程は漢文を勉強しましょう。余裕があれば、小説文も。

<数学> 

資料の活用、証明、一次関数(面積が等しくなる、面積を二等分)、球など

<社会>

歴史は江戸、近代と言いたいところですが、歴史は多岐にわたるのでバランスよく勉強を。地理は地形図、公民は金融、国会・内閣、憲法、裁判、国際社会のしくみ、人権を。社会は出題範囲が広いので注意が必要です。残り期間と他の教科とのバランスを考えながら勉強してください。

<理科> 

 生物: 人体、遺伝、食物連鎖、動物の仲間

 物理: 運動、力学的エネルギー、電流・電圧、磁界、光

 地学: 天体、地震、火山、地層  

 化学: イオン、溶解度、状態変化、化合

以上、2021年度愛知県公立高校入試B日程の出題予想をしてみました。

もちろん塾生には、もっと詳しく、ブログには書けない話をしています。

B日程に向けて演習、演習です!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です