2学期中間テスト対策授業の予約はこちらから! 詳細はこちら

公立の過去問はこう使おう!

さて、私立の一般入試が無事に終わり、

残すは公立に向けて一直線で進むのみ!という子に向けて、今日早速宿題を出しました。

宿題は、公立入試の過去問から出しています。

過去問を解くときに、まず意識して欲しいことは「時間」です。

当日、時間内に正確に問題を処理していくためには、日頃からの練習が重要です。

問題を解くときは、見直しの時間も考えて5分短くタイマーをセットし、その中での時間配分を考えながら解くと良いですね!

自分は、どんな問題でどのぐらいの時間を使うのかという、自分自身の傾向を掴むためにも過去問は活用できます。

そして、ただ問題を解くだけでなく、解いた後こそ重要です!

「どこをどのように間違えたのか」

「自分には何の知識が必要なのか・強化していく必要があるのか」

ということを分析しながら解き直しをしていくことがポイントです。

過去問は、テストの形式を知り、自分がよく間違える問題の傾向を掴みその対策をしていくために活用していきましょう!

公立入試まで、残り約1ヶ月。

志望校合格に向けて、一緒に頑張っていきましょう!!

●さくら予備校の無料体験授業・新学年準備講座のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

公式LINEの登録はこちら!
無料でブログの更新が届きます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個別指導さくら予備校は愛知県公立高校受験に圧倒的に強い塾&地元大学受験に圧倒的に強い塾です。
塾長が勉強・教育に関する情報や地域情報等を発信します。名古屋市緑区左京山・鳴海・有松地区で塾や予備校を探すならさくら予備校へ。

目次
閉じる