夏の復習完成講座は定員のため募集を停止いたします! 詳細はこちら

ノートは詰めずに広く使うべし!

新学期もスタートし、学校のペースにも慣れてきた頃だと思います。

ですが、まだ日によって寒暖差があり、肌寒い日もあるので体調には気を付けていきたいところ。

さて、さくら予備校ではノートの書き方指導を行っています。

ノートの書き方について詳しくお話ししている記事もございますので、こちらをぜひご覧ください!

緑区の学習塾 愛知県公立高校受験...
プロ講師が教えるノートの書き方『数学の計算問題編』 | 緑区の学習塾 愛知県公立高校受験専門 個別指導さ... こんにちは。名古屋市緑区、鳴海、左京山、有松駅近くの塾個別指導さくら予備校の塾長です。ただただいま、個別指導さくら予備校の定期テスト対策授業に無料でご招待!詳し...

今日改めてお話ししたいのは、

「ノートは詰めて書かずに、広くべし!!」ということ。

たまに、ノートがもったいないからと行間を開けずに、問題をぎっしり詰めて書くという子がいます。

例えば、こういう書き方のノートです。

もちろん、もったいないという事を、意識する事はよいことだと思います。

しかし、何のためにノートを使って問題を解いているかということを考えてみると、

頭の中で考えて組み立てていることを、ノートを使って可視化して整理しながら解くためという事も

一つあるのです。

あと、ノートを使う意味で非常に大事な事があるのですが、それはまた、次回に。

ノートがぎっしりであったり、小さく詰めて書いたりしていると、うまく整理ができず、問題を解いていくプロセスが見えにくくなってしまいます。

リンク内の記事にもある通り、

・1問1問の間は必ず1行あけること

・計算問題であれば、=は横に続けず下に続けていくこと

・字は大きく・濃く・はっきりと書くこと

ということを意識して、問題を解くプロセスを整理していくために、広く大きくノートをつかうとよし!

参考用のノートも載せておきます!

後から見返したときに、「ここはこうやって解いたな」「ここのプロセスはミスしやすいから気を付けないとな」ということが一目でわかるのが自分にとってもいいノートです。

塾の方でも、思考力・情報整理力・発想力を上げていき、成績アップに繋げていくためにノートの書き方について一人一人確認し、丁寧に指導をしています。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください☺

ノートは広く大きく!

5冊セットで売っているものや10冊セットで売っているものもあるので是非ご活用ください!

公式LINEの登録はこちら!
無料でブログの更新が届きます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個別指導さくら予備校は愛知県公立高校受験に圧倒的に強い塾&地元大学受験に圧倒的に強い塾です。
塾長が勉強・教育に関する情報や地域情報等を発信します。名古屋市緑区左京山・鳴海・有松地区で塾や予備校を探すならさくら予備校へ。

目次
閉じる