非認知能力判定テストについて 詳細はこちら

あえて中学校の定期テストの問題点を考える その壱

こんにちは。

 

緑区の左京山駅近くの学習塾個別指導さくら予備校の塾長です。

 

さて、中学校の2学期の定期テストが返ってきています。

 

今のところ、塾生は概ねよく頑張っています。

 

爆上がりした子も各学年、何名もいますので結果も順調です ♪( ´θ`)ノ

 

さて、話は変わり、

 

これはとある遠い遠い中学校のお話です。

 

ジャジャン!

 

ある学年の全教科の学年平均が、全て40点台という衝撃 ( ;  ; )

 

おおおおおおおおお、、、ですかね。

 

私としては、全国の中学校のお話は色々聞きますので、

 

そういうことも、全国のどこかで、あるかないかの話であれば

 

まあ、あるわね。

 

という感じです。

 

しかし、問題はそこではありません。

 

全教科、平均点が40点台ということがどういうことなのか?

 

ということです。

 

少し考察してみましょうか。

 

考えられるパターンは下記の通りです。

 

① その学年の生徒たちの学力に問題がある

② 先生の指導方法に問題がある

③ テストの難易度に問題がある

④ その他の複合要因

 

学校の定期テストは大抵の場合、上記3点でしょうか。

 

で、学校の先生はテストの後、生徒や保護者にこう言います。

 

今年の◯年の学力はやべ〜

 

ほほう。

 

そこだけにフォーカスしてしまうのか。。

 

ここで問題なのは、

 

② の先生の指導方法に問題はないのか。

③ のテストの難易度に問題がないのか。

 

これは、誰がチェックしているんですかね??

 

はい。そうんなんです。

 

これををチェックする機関がないんですよ。

 

みなさんは、えっ?そうなの、教頭や校長なりがしっかりみてるんじゃないの?

 

教頭や校長が見ていないにしろ、チェックする人はいるんじゃないの?

 

って、、思いますよね。

 

しかし、、残念ながら、チェックしている人はほぼいません。( ;  ; )

 

僕は、学校のひとつの問題点として、

 

学校のテストを、外部からチェックする人がいない。

 

ということもひとつあるかなと思うんです。

 

でもね、

 

みなさんに誤解してほしくないのは、この定期テスト

 

学校に問題があるというよりも

 

定期テスト自体の仕組みに問題がある

 

というのが僕の一定の結論。

 

もう一つは、学校現場で言われている

 

指導と評価の一体化

 

僕は、これにも限界があると考えます。

 

定期テストと評定との絡み。

定期テストと入試との絡み。

 

など、色々お伝えしたいことはあるのですが、そろそろお時間となりましたので本日はここまで。

 

また、機会があれば続編でお会いしましょう。

 

また明日。

 

●無料体験の申し込みは、塾のホームページのお問い合わせフォームよりお願いします。

 

 

その他、LINE、お電話でも無料体験を受け付けています。

公式LINEはこちら!

↓↓↓↓

https://lin.ee/d81wkSF

 

●さくら予備校の保護者説明会の詳細・申し込みはこちらです。

 

 

●愛知県公立高校入試制度についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●中学校の内申点評価の観点についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●令和5年度からの愛知県公立高校入試制度の変更点はこちらから!

 

 

●愛知県公立高校のボーダーラインはこちらから!

 

 

緑区の左京山駅近くの学習塾個別指導さくら予備校

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個別指導さくら予備校は愛知県公立高校受験に圧倒的に強い塾&地元大学受験に圧倒的に強い塾です。
塾長が勉強・教育に関する情報や地域情報等を発信します。名古屋市緑区左京山・鳴海・有松地区で塾や予備校を探すならさくら予備校へ。

目次
閉じる