春の個別入塾説明会の予約はこちらから! 詳細はこちら

愛知県高校入試で公立高校を合格した場合の合格辞退はできるのか

こんにちは。

緑区の学習塾、さくら予備校の塾長です。

今日は、愛知県公立高校入試制度のことについて書きます。

ちょっと、びっくりするかもしれません。(・∀・)

さて、タイトルにも書いたのですが、公立高校合格後に公立高校へ入学することを辞退できるのか?

ってことです。

愛知県公立高校入試って合格しても辞退できるのか?
愛知県公立高校入試って合格しても辞退できるのか?

これに関して、ネットで検索すると結構いろんな記事が出てきますね。

で、

それはもう微妙な記事がたくさんありますね。

で、

僕は思ったのです。

これは愛知県公立高校受験のプロとしては黙ってられないと (*_*)

それでは、書いていきますね。

そもそも、制度としてどうなっているか?なんですが、

結論から申し上げます。

辞退できます。

公立高校って合格したら絶対に公立にいかないといけないんですよね?

という話は毎年聞きます。

では、なんでこういう話がでてくるのかってことなんですが、

ひとつは学校の説明っぽいですね。

学校の進路説明会の時に、公立高校に合格したら、必ず公立にいかないとダメーーーーー!!

みたいな話をしているんでしょうね。

あらら、

でも、教育委員会は合格辞退はできます。という説明をしてくださいね的なことを、各中学校に連絡しているのだとか。

いやはや、なんもいえねぇーーーーーー

14年前の夏のオリンピック覚えてますか?笑

保護者からすれば、あのーーー大事なことなんで、もう少しちゃんとしてもらってもいいすかーーーーー

って感じですよね。

教育委員会の人は、教育委員会の立場としては、公立に・・行って・・もらえたら・・ですが、、、

とおっしゃってました。

もちろん、教育委員会や学校がそのように言うのはわからないことないですが、

制度としてどうなのか。

というのと、

お気持ちとしてどうなのか。

というのを、混同して話をすることではないと思います。

受験生とその家族には選択の自由がありますので、

まずは制度としてどうなのか。

ということをきちんと説明して、

あのーーこれは、、お気持ちの話なんですがーーーーとお話するのがよいかと思います。

はい。続きを書きますね。

そもそも、公立高校入試は私立高校入試のあとに受験するので、公立入試は公立高校に行きたい人が受験するのでは?

っていう話もあると思うので、書いておきます。

こういうケースもあるのです。

一例ですが、このようなこともあると思うので、

公立高校の合格発表後に辞退ということを考えることはあるかなと思います。

いや、だったら公立は第1志望校の1校だけ受験すればいいのでは?

と思うかもしれません。

実際に、はじめから明確に公立の第2志望に行くなら、私立の合格したところにいく!

と、わかっていればいいのですが、

学校での懇談会で私立の合格発表がある前に公立の受験校を決めないといけないなどや、

そのずいぶん前から、進路希望調査などでどこを志望校にするのか??

など、かなり早い段階での志望校決定を学校から求められることも、とりあえず公立も2校受けます!

となるひとつの理由かと思います。

そこで、学校の先生方、大変お忙しいとは思いますが、

調査書の準備や願書の準備など、学校の先生方はものすごく多忙になるので早く早くとなるのもあるかと思います。

それと、志望校は早く決めてあげたほうがいいだろう。という、学校の先生のお気持ちもよく分かります。

そこは、めちゃくちゃわかります。

でもね、同じくらい、受験生と保護者もめちゃくちゃ不安なんです。

親も、子供も、ほんとうにこの進路でいいのか・・・

って悩んでいます。

親は、我が子の進路はほんとうにこれでいいのか・・

もっと、親が口出すべきなのか、子供に決めさせたほうがいいのか・・

毎日、毎日めちゃくちゃ悩むんです。

進路に悩んでいる姿をみれば、親は、元気でいてくれればいいよ!という思いと、がんばってほしい!

両方の思いがあるんだよね。

それでも我が子よ、ガンバレ!!

と親は願うのです。

僕は、塾の先生ですが、保護者と生徒と学校の先生のそれぞれの色々な思いは、めちゃくちゃわかります。

そこで、学校の先生方に提案です。

学校の方で、志望校決定の日程プロセスと学校の事情(調査書の作成時期や願書のことなど)を、もう少し、早めに説明してあげると混乱は少ないかなぁーって思います。

例えば、

今年度の愛知県公立高校入試のための調査書は2023年1月1日以降で作成するように。

と教育委員会から各中学校にお達しがあったはずです。

そのあたりも、説明して、だからこの時期までに志望校を決めていきましょう。

と説明していけるといいですよね。

そして、

塾に通っていない子もいます。その場合、相談するところがないので、もっと不安だと思うんです。

だからね、

いっしょに決めていきましょう!大丈夫ですよ!

って言ってあげてほしいなーー

すみません・・・

それぞれの立場の人の想いが、溢れるくらいわかるので、つい感情的になってしまいました。

みーーーんなよくなるといいな!ってほんと思います。

はい。

話をもとに戻しますね。

はじめに書いたとおり、愛知県の公立高校入試は合格発表後に合格辞退は制度として認められています。

ただ、合格辞退の日程は結構タイトなので、そこを書いておきますね。

公立高校の合格発表

すぐに中学校に辞退届を連絡する

学校の指示に従い手続き

手続き完了

というような感じになるので、合格発表後すぐに中学校に辞退の旨を伝えなくてはなりません。

そして、辞退したい人が出た場合どうなるのか?

ですよね。

人数は少ないけど、実際に公立高校合格辞退をする人はいるようです。

で、

ここからも大事です!

たとえば、愛知県の公立高校の場合、360名が定員の場合、定員割れではない限り、360名に合格を出します。

そして、1名の合格辞退者がいるとしたら、

補欠合格で、校内順位で次の順位の人が合格となります。

実は、愛知県公立高校入試には補欠合格があるのです。

その場合は、高校が中学校に連絡し中学校から連絡があります。

この補欠合格については、資料が公にでているわけではありませんので参考程度で!

最後に、

合格辞退はできるが、連絡や手続きはいつまでにどうのようにすればいいのか?

ここは、中学校の方に確認するようお願いいたしますね。

さて、いかがだったでしょうか。

ざっくりと、書きました。

愛知県の公立高校入試のことをもっと詳しく知りたい!という方は、説明会をおこないますのでぜひお気軽にご参加ください!

緑区のさくら予備校で、説明会 or 90分×3回の無料体験の予約はこちらから!

あわせて読みたい
お問い合わせ お問い合わせページにアクセスしていただきありがとうございます。さくら予備校では、無料体験授業と個別学習相談会を専用のフォームで受け付けております。その他、WEB...
緑区のさくら予備校お問い合わせ

公式LINEの登録はこちら!
無料でブログの更新が届きます!

友だち追加
愛知県公立高校入試って合格しても辞退できるのか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個別指導さくら予備校は愛知県公立高校受験に圧倒的に強い塾&地元大学受験に圧倒的に強い塾です。
塾長が勉強・教育に関する情報や地域情報等を発信します。名古屋市緑区左京山・鳴海・有松地区で塾や予備校を探すならさくら予備校へ。

目次
閉じる