さくら予備校の「いいノート」への道1 〜必ず入れて欲しい3点セット編〜

先日、塾生の課題チェックを行いました。

頑張って取り組んできた課題のノートをチェックしていると、

「あれ、これはいつ何のワークをやったノートなんだ?」

というノートがちらほら。

せっかく○がたくさんついているのに、どのページの問題をやったのかが、ノートを見ただけではわからない事態に!

ここで、皆さんに一つ。

「ノートには必ず、日付・ワーク名・ページを必ず書くこと!!」

この3点セットを忘れないようにしてほしいんです。

この3点が書いてあれば、もう一回そのノートを見た時に自分がどのレベルのワークの、どの部分を間違えているのかということがすぐ分かりますよね。

見直しがしやすいノートこそ、自分にとって「いいノート」です!

また、自分が見てパッとわかるノートは、学校の先生にとっても見やすいノートになります。

「自分がこんだけ頑張った成果を見てくれ!」というノートがわかりにくかったら、伝わるはずの思いも伝わりにくくなってしまうんです。

丁寧に、書くべき情報はしっかりと書くことで、

「そこまで気をしっかり配れているな」

という印象を持ってもらうことに繋がりますよね。

自分が頑張った成果をしっかり見てもらうためにも、この3点をお忘れなく!

塾の方でも、これからもしっかりチェックしてきいますよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です