何事も「見直し・確認」を忘れずに!

4月に入り、暖かい日が続いていますね!

しかしながら、朝や夜はまだ気温が下がり、肌寒い日もあるため、引き続き体調には気を配っていきたいところですね!

さて、明日から中学校、明後日から小学校で新学期が始まります!

いよいよ新たな学年での勉強がスタートします。

タイトルにもある通り、どんな活動でも「見直し・確認」をすることはとても重要です。

勉強の場面ではもちろんのこと、他の様々な場面でも同じことが言えます。

勉強の場合、問題をひととおり解いた後、符号ミスや約分忘れ、四則計算の間違いがないかを見直し・確認してから丸付けに入るということが基本です。

丸をつける時も、1問1問ちゃんとあっているか確認しながら丁寧に行う必要があります。

これは、テストの時だけではなく、普段の勉強の時から意識的に行っていくことが、習慣として身につく第一歩です!

塾内でも、塾生が問題を解き終わったぐらいの時に、

しっかりと見直しをするように必ず声をかけています。

そして、勉強以外の場面であれば、例えば学校に行く前です。

今日の持ち物は何か、提出しなければいけないものがないか、カバンに入れ忘れている教科書やノートがないかということを、しっかり見直し・確認することで、忘れ物を確実に防ぐことに繋がります。

学校から帰る時も、机の中を見て、

忘れてるものはないか、置いていくとまずいものはないかということを確認して帰るようにするといいですよね。

今日中にやらないといけないプリントを忘れてきてしまった!

明日小テストがあるのに、授業プリントを忘れてしまって勉強できない!

などの事態を、見直しと確認を挟むことで防いでいくことができます。

忘れ物は、学校の成績評価に繋がる重要なものです。

ここで評価を落としてしまうのは、本当にもったいないですよね。

勉強の場面ではもちろんのこと、それ以外の場面でも、行動する前に見直しと確認をしっかりとして、新学期をスムーズに進めていけるようにしていきましょう!

●さくら予備校の無料体験授業のお問い合わせは、さくら予備校公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です