勉強する時の姿勢って大切!

今日は勉強する時の姿勢についてのお話をしたいと思います!

みなさん、勉強する時の座り方・姿勢は意識していますか?

背筋や足の位置・頭の位置など人それぞれ勉強中の姿勢は異なりますが、いい姿勢で取り組むことは非常に重要なのです。

塾内でも、「姿勢には気を付けよう」というお話をする機会があります。

勉強中の姿勢は、

・背筋が曲がって顔が机に近くなり、低い姿勢になっている

・足を組んでいる

・背もたれにもたれかかって、体が遠い位置のままになっている

など、このような姿勢ではなく、

・足はしっかり床につけ、背筋を伸ばして座る

・椅子を机に近づけ、前や後ろに倒れすぎないよう垂直を意識する

という姿勢が望ましいとされています。

イメージはこちらのイラストのような感じです!

姿勢が悪くなっていると、背骨が曲がっていて肺に空気が入りにくくなり、結果的に脳に必要な分の酸素が送り込まれなくなってしまいます。

そして、脳の働きが鈍り、集中力が保てなくなったり、眠くなってきたりすることに繋がるということは科学的に証明されているんです。

よくない姿勢のまま勉強を続けていると、肩や腰に負担がかかり、疲れやすくなることにもつながってしまいます。

逆に、いい姿勢で取り組むと、勉強に集中しやすく、長い時間勉強しても疲れにくくなり、皆さんにとってもいいことづくめ!

また、時間を決めずに問題を解いたり暗記をしたりすると、姿勢が崩れやすくなるため、

塾では時間を決めて、時間内に問題を解いてもらったり、暗記をしてもらっています。

自宅でも、時間を決めて取り組むと姿勢も保ちやすく、集中してできるのではないかと思います!

せっかく同じ時間勉強するなら、しっかり集中できて身になるものにしたいですよね。

正しい姿勢をキープすることを心がけて、勉強に取り組んでいきましょう!

●さくら予備校の無料体験授業のお問い合わせは、さくら予備校の公式LINE・ホームページ内のお問い合わせフォーム・お電話よりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です