古典の勉強どうやってやる?

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

緑区の左京山駅近くにある学習塾、個別指導さくら予備校の塾長です。

 

 

 

 

 

今日は、10月6日です。

 

 

 

 

いえ、特に意味はありません。( ^∀^)

 

 

 

 

ただ、毎年思うのですが、この時期ってこんなに暑かったっけ?

 

 

 

 

 

って思いません?

 

 

 

 

 

服って何着てたっけ?

 

 

 

 

 

とか笑

 

 

 

 

 

余談はそれくらいにしておいて、

 

 

 

 

 

さて、各高校、各中学の2学期の中間テストが始まっています。

 

 

 

 

 

その中で、今日取り上げたいのが、

 

 

 

 

 

国語!!

 

 

 

 

 

 

 

 

古典!!

 

 

 

 

中学生に、たまに聞かれるのですが、

 

 

 

 

 

古典って何勉強すればいいですか?

 

 

 

 

これです。

 

 

 

 

 

もっと言えば、国語って何勉強すればいいですか?

 

 

 

 

という質問?がたまにあったりしますが、

 

 

 

 

 

今日は、古典を勉強する上で、まずは基本的なことを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

それは、

 

 

① 語彙

② 文法(助動詞・助詞・敬語)

 

 

 

です。

 

 

 

 

そんなこと、わかっとるわい!!!

 

 

 

 

と聞こえてきそうですが、、

 

 

 

 

 

英語と一緒で単語が読めないと文が読めないのと一緒です。

 

 

 

 

 

 

そうなんです。大切なことなんです。

 

 

 

 

 

そして、どうしたら文を読めるようになるのか、読解力がつくようになるのか。

 

 

 

 

 

ひとつの例は、登場人物や背景、心情などをきちんとおさえていきながら読む練習をすることです。

 

 

 

 

 

そして、もうひとつ国語を勉強するにあたって必要なこと。

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

いい換えです。( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

 

 

これ本当に、大事ですよ〜

 

 

 

 

 

さて、今日は簡単に紹介しました。

 

 

 

 

 

また、詳しく書いていきたいと思います。

 

 

 

それでは!

 

●無料体験の申し込みは、塾のホームページのお問い合わせフォームよりお願いします。

 

 

その他、LINE、お電話でも無料体験を受け付けています。

公式LINEはこちら!

↓↓↓↓

https://lin.ee/d81wkSF

 

 

●愛知県公立高校入試制度についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●中学校の内申点評価の観点についてはこちらの記事をご覧ください!

 

 

●令和5年度からの愛知県公立高校入試制度の変更点はこちらから!

 

 

●愛知県公立高校のボーダーラインはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です