暗記をするときは「読みながら、速く書く作戦」がおすすめ!

今週も終盤に差し掛かってきました。

今日は気温が低めですが(名古屋市の予想最高気温は23℃!涼しい!)

明日は天気も回復し、気温も30℃近くになるようなので、体調には気を配りながら頑張っていきましょう!

さて、学校での小テストが増えてきました。

今学期は、定期テストが1回のみとなっているので、普段の小テストも成績評価に繋がってくると考えられます。

中でも漢字のテストと英単語のテストは、どの中学校でも、どの学年でも実施されることが多いです。

そこで、今日は漢字・英単語を覚える際のポイントをお話したいと思います!

覚えるときのポイント:読みながら速く書く!

これは、私も実践していた方法で、

・ひたすら書く

・ひたすら読む

・読みながら書く

・まず聞いてから、読みながら書く

という4パターンを試したところ、「まず聞いてから、読みながら書く」方法で覚えた漢字や英単語の方が、確実に覚えられ、また忘れにくくなりました。

手だけでなく、口や耳も一緒に働かせることで、より頭に残りやすくなると考えられます。

特に英語なんかは、リスニング形式での単語テストや本文の暗唱テストも考えられるので、単語が「読める」「書ける」がしっかりとできる状態までもっていくのがベストです!

そして、書くスピ―ドもポイントの一つです。

ゆっくり書くのではなく、とにかく速く手を動かしながら頭に入れていきましょう!

自宅で漢字や英単語の暗記をする際などは、声を出して読みながら書いて練習するといいと思います!

同時に、オンラインでの自習の際も「ミュート機能」を活用して、

緊張感を持った環境の中で「読みながら書く」を実践するのもいいと思います!

塾の方でも、正しい発音・正しい読み方で読めているかを、実際に読んでもらってチェックしています!

一つ一つが成績評価にも繋がる、大事なテストです。

きっちり仕上げて、確実に点を取っていけるように頑張っていきましょう!

さくら予備校では、現在キャンペーンを実施しています!詳細につきましては、こちらの記事をぜひご覧ください!

↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です