非認知能力判定テストについて 詳細はこちら

緑高校受験対策|合格ボーダー|個別指導さくら予備校

こんにちは。

 

緑区の学習塾個別指導さくら予備校の塾長です。

 

今日は名古屋市立緑高校の受験対策、合格ボーダーについて書いていこうと思います。

 

愛知県の公立高校入試の組み合わせのパターンはこちらを参考に!

 

目次

緑高校を第一志望校にする場合の定期テストでの順位と内申

まずは緑高校がどんな学校なのかということですが

 

詳しくは、こちらをどうぞ!

 

緑高校を第一志望校に考える人は、内申が29〜34くらいで、第一志望校が緑高校、第二志望校が鳴海高校というパターンが多いはずです。

 

学校の定期テストでいえば、上位30%〜40%であれば緑高校は受験対象校になるでしょう。

気をつけたいのは主要5科目の内申!

緑高校を第一志望校にする場合、チェックするべきことは、

 

主要5教科で4以上があるかどうか

 

もしくは、

 

実力があるかどうか

 

さて、実力があるかどうかですが、どうやって判断すれば?

 

ということになると思います。

過去問を解いて自分の平均点を把握せよ!

一つは、過去問を解いてみてどれくらい点数が取れるか把握してみる。

 

愛知県の公立高校の場合1教科22点満点なのですが、

 

内申にもよりますが、仮に内申が31くらいだったら、

 

1教科平均13点以上とれるかチェックしてみてください。

愛知全県模試の結果を参考にせよ!

もう一つは、模試ですね。

 

過去問平均+模試の結果

 

塾に入ってなく、ご家庭で志望校を検討される場合なら、愛知全県模試などの結果を見て判断することも一つかと思います。

 

ちなみに、さくら予備校の場合は、

 

定期テスト、内申、模試、生徒の性格、さくら予備校が持っている独自のデータと僕の経験で判断していきます。

 

模試の結果で大切なことは、

 

できているところ、できていないところの把握。

勉強する教科や単元の優先順位をつけること。

 

受験までの期間でどう戦略を見直していくかの参考の資料です。

 

と強調しておきます。

緑高校の合格ボーダーライン

内申  28

当日点 59

 

ぜひ、参考にしてください。

 

中々、志望校の判断など難しいぞと思われる方は、無料個別相談会もやっておりますのでぜひ!

 

 

この春は、別会場で外部生も交え、小学生から中学生の学年別で、

 

一斉模試をおこなうことも検討しています。

 

もちろん、コロナが収まっていればの話ですが。

 

それではお時間となりました。

 

また明日。

 

●2教科選べる君だけのプレミアム講座!

90分×3回無料のご予約はこちらから

 

その他、LINE、お電話でも無料体験を受け付けています。 公式LINEはこちら!

↓↓↓↓

https://lin.ee/d81wkSF

緑区の個別指導さくら予備校

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個別指導さくら予備校は愛知県公立高校受験に圧倒的に強い塾&地元大学受験に圧倒的に強い塾です。
塾長が勉強・教育に関する情報や地域情報等を発信します。名古屋市緑区左京山・鳴海・有松地区で塾や予備校を探すならさくら予備校へ。

目次
閉じる